尿酸値を下げるには、運動が必要となってきます。 運動といっても様々なものがありますが、どんな運動でもいいというわけではありません。 運動によっては、尿酸値を上げてしまうものもあるので、注意してください。 では、どのような運動が適しているのかというと、有酸素運動です。 有酸素運動とは、ゆったりと呼吸をしながら行う運動のことで、ウォーキング、ジョギング、ストレッチ、水泳などがあります。 今まであまり運動をしたことがない人は、運動が必要だといわれてもどうしたらいいかわかりませんよね。 とりあえず、ウォーキングなら簡単に行えるので、ウォーキングをやってみてはいかがでしょうか? 1日1時間程度、2日に1回でもかまいません。 これを行うだけで、尿酸値を下げることができます。 一度や二度運動したからといって、尿酸値が一気に下がるわけではありませんが、続けることで徐々に下がっていくはずです。 また、運動をすると同時に、水分をしっかりと補給するようにしましょう。 意識して水を飲んで、1日に2リットル以上のお水を飲むことをオススメします。 運動は、続けなければ意味がありませんので、無理せずに自分が続けられる有酸素運動を行うようにしてください。